ジョルジュ・ルース アートプロジェクト in 宮城

風光明媚な松島湾を見渡せる高台に、Loin(ロワン)という名で親しまれてきたカフェ・レストランがありました。しかし2011年3月11日の震災後、この白亜のモダンな古い建築は地震によって傷み、使用することができなくなりました。現在、この建物を解体する計画が進行しています。
ロワンが取り壊される前に、フランスの著名なアーティスト、ジョルジュ・ルース(1947年パリ生まれ)を招聘し、阪神淡路大震災のとき同様、被災後に破壊され、解体予定の建物で絵を描き、写真を撮り、空間の記憶を残すプロジェクトを行います。

記録集と映像

プロジェクトの記録集「ドキュメント:ジョルジュ・ルース アートプロジェクトin宮城」ができました。 写真やレポート、エッセイのほか、ジョルジュ・ルースとスタッフの手によってカフェ・ロワンが作品に変わっていくプロセスをおさ...
By :
Comments : Off

ビルドスペースでの展示

ビルドスペースにて、作品と記録映像の展示がはじまりました。 会期 5月11日(金)~26日(日)11:30~17:30 月曜定休 場所 ビルドスペース(宮城県塩竈市港町2-3-11) 入場無料   George [...]

制作の様子 4月25日

  いよいよ今日から撮影スタートです! 自然光で撮影するルース氏。作品制作において、光はとても重要な要素になります。 でも、シャッターを切るその前に……。何ミリ単位という非常に細かな修正を行います。この細かい作...

メッセージ(大洲大作/写真家)

ジョルジュ・ルースが再び来日する、それも宮城の松島で作品を制作すると聞いて、18年前の陽射しが瞼に蘇った。白く建物を満たしていた光と静寂。大きくひびが走った壁と床、絵具の匂い。暑さも寒ささえ、皮膚の感覚さえ失っていた19...
By :
Comments : Off

制作の様子 4月24日

雨に降られた松島は肌寒い一日でした。 現場を暖めているただ1台しかないストーブの灯油が気がつけばもう空っぽ。 上塗りを中心に作業は順調に進行。ボランティアスタッフの皆様も少しは余裕が出てきたようです。 でも油断大敵、気が...

制作の様子 4月23日

今日は前日よりも更に暖かい一日でした。 順調に進んでいる青塗料のペイント。楽しく真剣に作業は進行中です。

制作の様子 4月22日

花冷えの前日とはうってかわって、暖かな1日。現場周辺の桜は七分咲きといったところでしょうか。 自己紹介の際にルース氏が「ノコギリ、使えますか?」とボランティアスタッフに尋ねていました。 というのも本日は壁を切り抜き、ぶち...

ロワンでの制作がはじまりました

季節はずれの雪となった4月21日(日)、カフェ・ロワンでの制作がはじまりました。 地震で大きく傷ついた建物のなかで、ジョルジュ・ルースと共同制作スタッフが安全に配慮しながらの作業を進めています。 普段は一般の方の立ち入り...

4/19(金)ジョルジュ・ ルース 阪神から東日本へ @3331ARTS CHIYODA

4月19日(金)に、アーツ千代田3331にて ジョルジュ・ルース/岡部あおみによる特別講義「ARTS FIELD TOKYOレクチャー」を開催いたします。 宮城県での制作前にアーティスト本人から講義を受けられる貴重な機会 [...]
Comments : Off
12